投稿:2016/01/27 | 更新:2019/01/22

アクセサリーの黒ずみ取り 安価なメッキ加工も綺麗になる?

メッキ加工アクセサリーの黒ずみ
真鍮などにメッキ加工されたアクセサリー金具の中にはすぐに黒ずんだりくすんだりしてしまうものがありますよね!メッキ加工だから無理とあきらめないで、もう一度綺麗に!

特に夏は湿気と汗でアクセサリーを1日つけただけでも黒ずみます!

いくら安いアクセサリーとはいえ、すぐに変色してしまったらもったいないですよね。

今回、私の使っていたかなり黒ずんだイヤリング金具が、綺麗になりましたので紹介します!



使用するもの


100均でも売っている、シルバー磨きのクロスです。

磨くタイプのクロスは金属を研磨剤で削っているので基本的にメッキ素材には使えないのですが、安価なメッキでしたら、何回か削って綺麗にして、メッキが剥がれてしまったら新しいのを買えばいいと思います。
実際に一度、研磨したくらいでは剥がれませんでしたが、色味は薄くなりますので注意してください。

しかし、チェーンの黒ずみの場合はあまりおすすめできません。チェーンの外側だけしか磨けませんし、コマの間にクロスの研磨剤や繊維が入ってしまって取れなくなってしまうこともあります。



これが磨く前のビフォーです。↑


クロスで優しく擦ります。擦り過ぎるとメッキが地金の色になってしまいます!


金属の黒ずみを取ったクロスの面はどんどん黒くなっていきます。



そして、磨いた後のアフターです。↑


パッと見は新品同様です!よく見ると少し点々とした汚れがうっすらと残っています。


わかりやすく並べてみました。



元の色より若干薄くなったかな?という感じがします。


とりあえず、ここまで綺麗になればまた使えますよね!


私は今回のイヤリング金具を汚いままずっと放置していたので、変色が激しかったのですが、日々のお手入れとして、

使ったら汗や皮脂を拭きとる、なるべく空気に触れないように保管する

ということをして、だいぶ黒ずみが出てきたなーと思ったら、クロスで軽く磨くというふうにすれば良いと思います!