2014/06/24

チャンルー風ラップブレスレットの作り方

ラップブレス作り方
ユニセックスなデザインも素敵ですが、サテンコード+カットガラスで女性らしくしてみました!








作り方は単純ながら、ちょっと根気のいる作業です。

でも、チャンルーのような素敵なブレスレットが欲しいので気合を入れて作りました!

シングルと5重のパターンも作っていますのでこちら↓もご覧下さい。
シングル&5重ラップブレスの作り方



材料




・フランス製サテンコード 1.5mm 1m(1.5mあった方がいいです)
・ビーズ用糸 ナイロン100%
・カットガラスビーズ(ラウンド型) 4mm 約110個
・ボタンパーツ
・ビーズ用針

※ビーズ用針は極細でしなる感じの針です。 お家にある細い縫い針でも代用できるかもしれませんが、しならないので少々やりにくいのと、ビーズの穴を通らない可能性があるので、気をつけてください!

カットガラスビーズはパーツクラブで購入しました!その他は貴和製作所です。

材料を一つずつそろえるのが大変でしたら、ラップブレスのキットもいろいろ売ってますので、キットにアレンジを加えるのもいいと思います!



ポイント
・ビーズをコードにつけたらその都度整え、ある程度進んだら、通してきたビーズを少し引っ張りながら慣らすと、ねじれ・うねりを防げます。
・ビーズとビーズの間隔が狭すぎると仕上がりが凸凹になってしまいます。
・サテンコードは1メートルだとギリギリ過ぎたので、1.5mくらいあると安心です。



作り方



①サテンコードの中心にボタンパーツを通して、ひと結びする。




②ビーズ用糸を2mくらいの長さに切る。片方のコードに半分に折った糸を写真のように付ける。
※糸は途中で足りなくなりますので、継ぎ足しながら進みます。




③針に糸を2本とも通し、ビーズを付けていく。
ビーズの通し方↓


2本のサテンコードの間を8の字を書くようにしてく。
コードの上→ビーズ→コードの下→上→ビーズ→コードの下の順番で針を通していきます。これを繰り返す。




④糸が足りなくなったら、余った糸を片方のサテンコードに結びつけ、ビーズに1回通して際でカット。また始めと同じように糸を付けて続きを始める。




⑤手首の丁度いい長さまでビーズを通したら、④のように糸を処理し、コードをひと結びする。



⑥先でもうひと結びし、ボタンを通す穴を作ったら完成です!お疲れ様です!
※続けて、結んでボタンを通す穴をもう一つ作ると、長さの調節が出来ます!

手首のサイズを見ながらサテンコードの長さ、ビーズの個数を調節して作ってください!

シングルと5重のパターンも作っていますのでこちら↓もご覧下さい。
シングル&5重ラップブレスの作り方
シードビーズも使っています!