2014/06/15

シャワー金具イヤリング(ピアス)の作り方 失敗しない初級!

シャワー金具イヤリング
シャワー金具にビーズをバランスよく付けるのって、至難の業・・・だと思っていました!
まずは初級からチャレンジです!


シャワー金具の穴が多くなるほどバランスが難しくなっていきますが、基本的なコツさえマスターすれば、きっと綺麗に仕上がるはずです!

今回は、真ん中に一つラインストーンを置き、周りをパールで囲む形なので、まずラインストーンから固定していきます!

大きなシャワー金具でいろんなビーズやパーツを付けたいときは、今回とは逆の順番で、周りを小さめビーズで縁取りし、中心を埋めていく方法が失敗しません!

大きめシャワー金具イヤリング(ピアス)の作り方 失敗しない留め方!の記事も参考にどうぞ!

それでは、簡単なものを作っていきましょう!

材料




・テグス 2号
・シャワーイヤリング金具(もしくはピアス)
・ラインストーン 4つ通し穴 4mm
・パール 2mm (周りに9粒ずつ付けます。)
・パール 6mm


作り方

テグスを50cm用意する。




①ラインストーンに通したテグスを、シャワー金具の矢印の穴から通し、裏で結ぶ。
※テグスは片方を10cmくらい残しておいて、長い方を使っていきます。





②外側の穴からテグスを表に出し、パールを9粒通す。




③周りに巻きつけて、同じ穴から裏側へ通す。裏で結ぶ。




④まだパールが浮いてしまうので、同じテグスでパールとパールの間をシャワー台に留めつけていく。
最後は残しておいたテグスと結んで、余りを切る。




⑤最初にツメの2箇所を折っておく。




⑥折ったツメにシャワー台を引っ掛ける。ヤットコで残りのツメを折る。
※傷が付かないようにするには布などをあててください。




⑦Tピンに通したパールをイヤリング金具の下に付けたら完成です!
Tピンの曲げ方
ピアス金具の場合、キャッチの部分にパールを付けてください!


大きめシャワー金具イヤリング(ピアス)の作り方 失敗しない留め方!の記事も参考にどうぞ!