2014/06/13

ビーズブレスレット(アンクレット) 基本の作り方!


キラキラするものってどうしても、ときめいてしまいます!糸に通して作るビーズアクセサリーの基本の作り方です。


きらきらと輝くスワロフスキービーズは綺麗ですが、結構コストがかかりますよね。

普段使いでいくつか作りたい!という時は普通のカットガラスのビーズも綺麗で、おすすめです!

パーツクラブで売っているカットガラスビーズは色のバリエーションが豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。



材料



・ボタンカットガラスビーズ 2mm
・ボタンカットガラスビーズ 6mm
・シルクコード 0.60mm
・つぶし玉 2.5mm
・ボールチップ
・アジャスター
・ヒキワ
・Tピン



作り方

シルクコードは蒸気に当て、くせを直しておく。



①シルクコードのワイヤーが付いていない方の端で、コードをつぶし玉に1回巻きつけて、ヤットコでつぶす。





②ボールチップを通して、つぶし玉に被せる。




③ビーズを通す。(アンクレットの場合は17cm、ブレスレットの場合は14cm分通す。)




④はじめと同様に端を処理する。(ボールチップを通す→つぶし玉にコードを1回巻きつける→潰して、ボールチップを被せる。)



⑤Cカンでアジャスター、ヒキワを付ける。



⑥Tピンに通した大きいほうのビーズをアジャスターをつないだCカンに付ける。
Tピンの曲げ方


完成です!