2018/10/17

ナチュラルヴィンテージな【ブライダルイヤリング】


白蝶貝とスワロフスキークリスタルがポイントのブライダルイヤリングを作りました!


ブライダルイヤリング
ナチュラルとヴィンテージがテーマです。
白蝶貝もパールも真っ白ではなく、クリームがかった色味で。
特別な日感はメタルバーの石と大ぶりのスワロフスキークリスタルの輝きで表現しました。



ブライダルジュエリーというと、煌びやかなイメージがあります。
しかし結婚式の日だけ全く違う自分になるというよりは、いつもの自分でいたいと思っていたので、
日常の延長線だけど、特別感のあるものを目指して作ってみました!



↑実際につけたときの写真。挙式とお色直し前の披露宴でつけました。



ドレスはこのような感じ、7月の挙式でした!


材料

  • シェル型白蝶貝
  • 石付きメタルバー18mm
  • チェコパール4mm
  • スワロフスキー・クリスタル #6020
  • 貼り付け用イヤリング金具
  • 丸カン(小0.7×3.5mm、大0.8×5mm)
  • Tピン(0.5×30mm)


↑貼り付け用イヤリング金具



作り方

イヤリング金具にシェル型の白蝶貝を接着剤で貼り付ける。



チェコパールにTピンを通して、先を丸める。(両耳20粒分)
Tピンの丸め方



写真のように、下に6粒、上に4粒、丸カンでまとめてつなげる。
まず下から、



丸カン(大0.8×5mm)にパールを3粒通したら、



スワロフスキークリスタルを通して、



さらにパールを3粒、そしてメタルバーを通して、



丸カンを閉じる。



上にも同じようにパール4粒を丸カン(小)でまとめてつなげる。



今写真のような状態でぶら下がる部分が出来ました。
先ほどシェルを貼り付けたイヤリング金具にこれをつなげます。



新しい丸カン(小)で一番上の丸カンと


ブライダルイヤリング作り方
イヤリング金具をつなぐ。
これで完成です!




アクセサリーはゲストの記憶にはほとんど残らないと思いますが、自分にとっては一生の宝物のようになりました!
作って良かったです。
あんまり派手じゃないので、これからはいつもよりお洒落した日なんかにも使おうと思います。