2018/01/30

ウェディングドレスを手作りする 【完成編】

手作りのウェディングドレス
ウェディングドレスの完成報告と感想です。
制作に掛かった時間は延べ約40時間。アイロンをかけている時間がかなり多かったように感じます!


使用したのが厚みのあるサテン生地だったせいもあるかもしれませんが、とにかくアイロンがけに時間かかりました。

接着芯と縫い代をうまく処理することで出来上がりが変わってくるように思います。
接着芯は丁寧に張り付けないと後で剥がれてきて変なシワが入ってしまいますし、縫い代はカットしたりアイロンで割ったりする作業を根気よくやらなければなりませんでした。




ビスチェは後ろ中心がオープンファスナーで開くようになっています。




スカートも後ろ中心を前カンとコンシールファスナーで開くようになっています。
コンシールファスナーは初めてつけたのですが、しつけが面倒なだけで意外と簡単にできました。



使用したサテン生地はかなり張りがあるので、つなぎ目やギャザーの少ないスカートに向いていると思います。
私の作ったスカートにはもう少し、しなやかでとろみのある生地を選べばよかったと後悔。ただ、私の場合は上にレースドレスを重ねてしまうので、良くも悪くも出来栄えはあまり関係ないのです。笑



スカートのサイズがちょっと大きいので若干シルエットが変わってしまったように思います。下半身を大きく見積もりすぎました。



なんで裾がこんなボコボコするんだ?!もっと自然な曲線を想像していたのに・・・と思っていたら、まったく別のページに「くせとり」の説明が。ネットで検索してみたら、くせとりのアイロンテクニックはけっこう難しいそう。

マーメイド系のドレスは素人が作るとどうしても平面的な作りになってしまうので、自然で綺麗な立体感を出すのは難しそうです!


上にレースドレスを着て、これが最終形態です。

レースドレスは昔祖母が母のために作ったものです。



とりあえず、トップスがビスチェになっただけで目的は達成されました!

ドレス作りは大変だった~と思うのに、出来上がると不思議なものでもう一着作りたいと思ってしまいます。
もう一回作ったらもっときれいに作れるだろうなと思うので、2次会用のドレスとか作りたい気がしてきました。

また作ることが出来れば、ビスチェはレースと重ねて作って華やかに、スカートはチュールのスカートを作ってみたいです。


生地の詳細や制作過程はこちら「ウェディングドレスを手作りする 【制作過程】」をご覧ください!