2017/07/07

透かしパーツで立体フラワーパーツを作る!


平らな透かしパーツを丸ヤットコで立体的なお花に仕上げます!



カン類でそのままビーズの下につけても可愛いですし、



ピンでパールといっしょに通しても可愛いです。根元に小さい花キャップを通すと安定します。




ピンに通したオーガンジーやチュールを通すと華やかになります。タッセルにもつけてみたいです。




平らな透かしパーツと丸ヤットコを用意する。
※透かしパーツの材質によってはできないものもあります。





花びらの先から丸ヤットコで徐々にカーブをつけていく。




Vの字になるようにしっかり丸める。




今度は花びらの縁を丸ヤットコで外側へ反り返らせる。



これで出来上がり!


透かしパーツを曲げてみようと思ったきっかけはこちらのパーツです↓

【プレスパーツ】フラワーレース27x24mm 1個:クードゥビジュウ
透かしパーツが立体的にプレスされている感じで、とても可愛いです。でもこれは硬くて頑丈にできてます。
今回、小さいバージョン出来るかな?と思ってやってみました!



ちなみにこのパーツは最近ブームの「ヘアバトン」にしてみたいと思って購入しました。
ハットピンで作るやつです。でも、まさにハットピンらしく作ってしまいまして、つけてみるとあんまり目立ちません。笑 もっとゴロゴロした飾りの方がヘアスタイルに映えますね。
結局両サイドにピアスキャッチをつけてしまうのが一番簡単にヘアバトンを作る方法だと思います!