2017/05/24

「つなげる」アクセサリー作りの基本テクニック①


アクセサリー作りで基本的な「つなげる」というテクニックについて、詳しく説明してきます!


カンの開き方(カンを開いてパーツを通す)




丸カンやCカンは切れ目をずらして開きます。つなげたいパーツを通して、閉じる際には切れ目がきれいに合わさるように気を付けてください。

開くのに使う道具は「平ヤットコ」や「丸ヤットコ」です。両手にヤットコを持って挟んで開きます。

丸ヤットコで普通に挟むと挟みにくいので、丸ヤットコは縦に挟んで使っています。



カンでチャームをつなげる「向き」


チャームを繋げるときに確認しておきたい、向きについて説明します。購入の際にもカンの向きをチェックしてみてください!


カンの穴が「正面同士」をつなげる場合↓


丸カンやCカンを1つ用いてつなげればチャームが正面を向きます。


カンの穴が「横向きと正面」をつなげる場合↓


カン1つだとチャームが横を向いてしまう。

そこで、もう1つカンを足して、2つつなげる。


チャームが正面を向きました!
この場合丸カンが大きくて目立つので、小さいサイズのカンに変更するのがおすすめです。


その他、


チェーンの途中につなげるようなチャームはカンの向きが正面のものでそろえると統一感が出ます!



↓つなげるテクニックと合わせて、知っておきたいこと↓

チェーンの端に留め具などをつなげる際、チェーンの形や太さに合わせて丸カンやCカンを選ぶと見た目が良くなります。

この他、丸カンやCカンの違いや選び方については↓をご覧ください!
丸カン・Cカンの「違い」と「選び方」




カンが通らないチェーンや細いチェーンをつなげる

カンが通らないチェーンや細いチェーンなどは「カシメ」を用いたり、コマ(チェーンの輪)を広げたりして使用します。詳しくは「カンが通らないチェーンはどう繋げる?カシメを使った方法とコマを広げる方法!」をご覧ください。




9ピンTピン類をつなげる


パールなどを通した9ピンやTピンをつなげる方法です。




丸ヤットコで少し輪を広げます。




つなげたいものを引っかけたら、再度丸ヤットコで形を整えればOKです。
何度もやり直すと折れやすくなってしまうので注意してください。



その他の「つなげる」

ヒモを金具とつなげる
リボンを金具とつなげる
「ビーズを通したテグスや糸を金具とつなげる(準備中)」



以上、「つなげる」についての基本テクニックでした!
初めての方にもアクセサリーの作り方がわかってもらえるよう頑張っていこうと思います!