2016/12/12

2wayで使える、ビジューのワイヤーリング 作り方



使用したのはコイルリングというもの。ワイヤーブレスのような形で好きなパーツを通して簡単に華奢な指輪が作れます。
コイルのようになっているので、パールやビーズを通しても指にぴったりとフィットします。
ひとつは縦長のビジューの穴に2個のコイルリングを通して、ダブルリングにしました。もうひとつは指輪とイヤリングの2wayになるように作りました!


線が細いので他の指輪と重ねづけしても素敵です。
指が細く見えるように縦長のビジューを選んでみました!



材料

  • コイルリング(約12号)
  • 爪付きビジュー(4×15mm)
  • パール(4mm)

全てパーツクラブで購入しました。


コイルリングパーツは片方だけキャッチがついていて、

パーツを通した後にもう片方のキャッチを接着剤でつけるようになっています。



作り方
まずはダブルリングです。


石座の横方向に通る穴、上下2箇所にコイルリングを通します。




まだキャッチはつけていませんが、このように通すだけでダブルリングの完成です!



そして、飽きたらイヤリングに作り変えるのもありです↓


最近見かけて気になっていた、ワイヤーのバネの力で耳たぶに挟むタイプのフープイヤリング。▼
ラウンドフープイヤリング/フィービィー(phoebe)

すっきりとした見た目でつけ心地が良さそう。
そんなイヤリングをコイルリングパーツで代用して作ってみました。


コイルリングも弾力のあるワイヤーなのでしっかり挟むことができます。しかし挟む部分が左右対称に作れないのが難点です。
耳たぶへの挟みづらさを多少感じますが気にしなければ気にならない笑

こちらは指輪との2wayにできます。


角度が変えられるようにビジューは固定はしませんが、隣のパールは接着剤で固定するので横へ動いていってしまうことはありません。



➀2つ共同じようにビジューとパールを通したら、キャッチを接着剤でつける。



➁端までパーツを持って行き、接着剤でパールだけ固定する。
※ワイヤーの固定したい位置に少量の接着剤をつけて、パールをそっと回して接着剤を巻き込みながら固定する。




➂こんな感じに固定できたら完成!




ちなみにパーツクラブでは先ほどの
ラウンドフープイヤリング/フィービィー(phoebe)のようなイヤリングが作れる専用のパーツが販売されていて、形は三角形で大小ありました。

挟む力が強すぎないかが気になりますが、ちょうど良ければつけ心地がとっても良さそうなのでイヤリングが苦手な方にも良いのではと思います。



                            
関連記事