2016/11/28

ひと粒 淡水パールネックレスの作り方 メガネ留めの方法

淡水パールネックレス
淡水パールの両サイドにメタルパーツを連ねて、パールを際立たせています。淡水パールを天然石にかえても素敵です。
パールの穴が小さいのでアーティスティックワイヤーを使い、メガネ留めでまとめることで繊細な作りにしています。



冬にタートルネックの上からつけても目立つように、大きめの8~10mmくらいの淡水パールを使い、両サイドをメタルパーツで飾りました!正面から見るとたくさんの粒々が見えて、華やかになります。

ネックレスの長さは全長40cmで作りました。
トップの長さは3cm弱。チェーンの長さは17.5cm×2。



材料

  • 淡水パール
  • メタルパーツ デイジー(4mm)
  • チェーン
  • ヒキワ
  • ダグ
  • Cカン(0.45×2.5×3.5mm)
  • アーティスティックワイヤー(0.4mm)

▼メタルパーツは粒々の装飾がお花の形をしたもの。
【ネコポス可】メタル ビーズ スペーサー フラワー 4mm 約50個
▼アーティスティックワイヤーの取り扱い(下記は2mと短いですが、お試しに良さそうです。)
アーティスティックワイヤー/ノンターニッシュブラス 26ゲージ(0.4mm)/2Mカット【メール便OK】



作り方

①ワイヤーを20cm程にカット。端を5cm残し、丸ヤットコを使って輪を作る。




②丸ヤットコをワイヤーの交差したところに挟み直し、長いほうのワイヤーを90度に曲げる。






③ここでチェーンを通しておく。短いワイヤー(〇印)を持って、根元からクルクルと3回程巻き付ける。余ったワイヤーは短くニッパーで切る。



④チェーンに取り付けたワイヤーにメタルパーツやパールを通す。




⑤メタルパーツより1、2mm隙間を空けて、ワイヤーを90度に曲げる。




⑥写真の様に丸ヤットコで輪を作る。※輪の向きはそろえる。




⑦ここでチェーンを忘れずに通し、同じように根元からワイヤーを巻く。




⑧トップが出来たので、あとはチェーンの端にCカンでヒキワとタグをそれぞれ繋げる。

これで完成です!



                            
関連記事