2016/11/21

コットンパール フリンジで縁取りの仕方!


コットンパールをフリンジで縁取りしました!フリンジは刺繍糸とレース糸の2種類で試しています。
飾りのビーズを同系色にして、落ち着いた雰囲気にしてみました。


今回もご質問いただいた内容をもとに挑戦させて頂きました!いつもありがとうございます。

パールの下にフリンジをつけたいということで、
以前にご紹介した「コットンパール縁取り ピアス・イヤリングの作り方」を応用して作ってみました。

フリンジの裏はこのようになっています↓

これに皿付きのピアスやイヤリングの金具を貼り付けると、完成になります。



レース糸でも試してみました↓ こちらのようにフリンジの幅を狭くすることもできます。





材料

  • コットンパール(10mm)
  • 刺繍糸(またはレース糸)
  • ビーズ(スワロビーズ3mmとメタルビーズ)
  • テグス(2号)




作り方

①テグスを長めに用意する。そのテグスに適当な長さに切った刺繍糸を二つ折りにして結び付ける。




②先を輪っかに入れて、キュッと締める。




(テグスの端をテープで固定しておくとやりやすいです。)

③これを何度も繰り返し、14本結び付ける。(フリンジは最大限密集させてフサフサになるように。)





④刺繍糸を結び付けたテグスをコットンパールに通し、通し穴の横で3回固く結ぶ。




⑤新たなテグスに飾り付けたいビーズを通し、同じようにコットンパールに通し、さっきとは反対側で結ぶ。
※通し穴付近のフリンジとビーズが重なるとビーズがぴったりフリンジに沿わなくなってしまうので、ビーズは少なめにして中央に寄せます。




⑥それぞれのテグスを反対側に引っ張って、結び目を通し穴の中に隠す。


ここまで、下から見た写真と

横から見た写真。ビーズとフリンジの間に隙間が空かないように。




⑦最後にフリンジの長さをハサミで切って整える。
後はピアス金具やイヤリング金具を裏に貼り付けたら完成です!

貼り付け方がわからない方はこちら「コットンパール縁取り ピアス・イヤリングの作り方」を参考にお願いします。


レース糸があったような・・・と毛糸入れの中をガサガサすると、何年か前に買ったレース糸が見つかりました。
紫色のグラデーションです。



レース糸は2本まとめて結び付けてみます。



このように両端にビーズを入れることでフリンジの幅を調節することも出来ます。


色合いがメルヘンチックになりました。

レース糸はフリンジがピシっとなって、刺繍糸ではフサフサ~と柔らかいフリンジになりました。是非作りたいイメージに合わせて使い分けてみてください!



最近、膀胱炎っぽいなぁと思いつつ2週間が経ちまして・・・膀胱炎って治りそうで治らないんですね。
重い腰をあげて病院へ行ったのですが、やっぱり病院は激混みで、尿検査だけ出してまた出直すことに。

なんか膀胱炎っぽいんですけどって混みあった受付で言うの勇気がいりますよね。早くスッキリ治したいです!



                            
関連記事