2016/11/18

「パールの貼り付け方」金具に貼るだけ、オリジナルアクセサリー作り!


パールやビジューを接着剤で貼り付けるといっても、初めてだと綺麗に貼るにはどうしたらいいのか迷います。
意外と接着剤の乾きが早くて、焦ってつけて接着剤が金具から大量にはみ出すこともありました。そんな感じでしたが最近では接着剤の扱いにだいぶ慣れたので、コツをご紹介したいと思います!


指輪の方は写真でパールがついている部分に好きな飾りを貼り付けられるようにお椀型の台がついていて、

丸いブローチの土台にもぐるっと一周好きなパールやビジューを貼り付けられます。




ブローチの裏はこんな感じ。

このブローチちょっと地味かと思ったのですが、程よい大きさがナチュラルで可愛らしい感じにつけられます。
貴和製作所オリジナルのジュエリーパレットシリーズというものです。


使うのはコニシのボンドコニシ ウルトラ多用途SU クリヤー 10mlヘラがついています。やはりこれがなんにでも使えて便利。

接着剤を長持ちさせるコツ

  • チューブの蓋を開けたらすぐに閉める。
  • 蓋を閉めるときに中の空気を抜いて閉める。
  • 蓋や口についた接着剤は取り除く。
  • 若干硬くなってきたチューブ口付近の接着剤は出してしまう。

あとはチャック付きの袋に入れて保存しています。
初めて買った接着剤一本目は中身が全部固まってしまいましたが、細心の注意を払えばいつまでも新品同様に使えます。


接着剤がはみ出ると、はじめのうちは透明で分かりにくいのですが、時間がたつと黄色く変色して目立ってしまうことがありますのでご注意を!



1か所だけにパールを貼り付ける指輪編



指輪の土台も貴和製作所で、パールは8mmの片穴のコットンパールです。



1か所だけに接着剤をつける場合、チューブの口からヘラの先っちょですくい取るように少量の接着剤を取ります。
取ったら手際よくチューブの蓋を閉める。そうしないと、段々チューブの中まで固まってしまいます。



そのままヘラで、はみ出さないように土台のお椀に接着剤を付けます。



あとはパールを穴が開いている面を下にして、そっと押さえてくっつけるだけです。



たくさんパールを貼り付けるブローチ編



本来、穴のない貼り付け用のパールや片穴パールを使いますが、コスト削減のため通し穴の開いているチェコパールを使用しました。
パールの大きさは4mm。



たくさんパールを貼るので、効率よくしたいと思います。また、何度もチューブの蓋を開け閉めすると、中身が固まる原因にもなります。
そこで便利なのが、中の面がツルツルしたマフィンカップです。私の家には余ったカップがたくさんあります。



マフィンカップに適量出して、少しずつヘラですくっていきます。といっても、すぐに表面から硬くなっていってしまうので今回の場合一度にパール6個付けられる程の分量を出して、何セットかに分けると良いです。



パールを貼り付ける穴にヘラでまんべんなく接着剤を塗ります。



パールが小さいのでピンセットでつまむとやりやすいです。



通し穴がパールの前後に来るように貼っていくと目立たず、ぱっと見わかりません。



何セットかに分けて、徐々にパール貼っていきます。




全て貼り終えました!穴が開いているって言われなきゃわからないくらいですよね?笑


さっき使ったマフィンカップはまた使えるので、接着剤・ヘラと一緒にチャック付き袋に入れて保管しています。


ブローチを作って数日後・・・パールがポロっと取れてしまう出来事がありました。
接着剤がちゃんとついていなかったのかと思いきや、パールの塗装から剥がれてしまっていたのです!

いろいろ調べてみると、今回使用したチェコパールは塗装が剥がれやすいとのこと。

そもそも偽物パールには樹脂製とガラス製がありますが、バリがほとんどないことから今回ガラス製のチェコパールを選びました。ガラスパールにはチェコ製やスワロフスキー製があり、どちらもガラスにパールの塗装がしてあります。スワロフスキー製のパールの方は値段は高いですが塗装がしっかりしていて長持ちするそうです。

自分用なのでパールが取れてしまったら直せばいいだけの話ですが、どなたかに贈る場合は長持ちするようにパールの種類をしっかり考慮したほうが良さそうですね!


接着剤の話が最後はパールの話になってしまいました!以前に書いたこちらの記事も参考にどうぞ↓
「アクセサリー作りや修理に・・・接着剤の選び方!」