2016/08/29

ストリングチョーカーの作り方 紐に通すだけ1分で完成!

ストリングチョーカー
シンプルですがメタルパーツでアクセントを加えた、誰にでも似合うストリングチョーカーです!


可愛いなと思っていたものの、おしゃれ上級者がつけるイメージだった革紐のチョーカー。

でもメタルパイプ・ビーズをアクセントにしたキレイめな雰囲気に作れば、いろんな服にマッチしてくれるんじゃないかと思います!


トップの写真は首元に2重に巻いたパターンで、

下の写真が、1回巻いただけのパターンです。


2重だとメタルパイプの重みでだんだん長さが揃わなくなってしまうので、メタルパイプなどを入れる場合は1重の方がおすすめかもしれません!

紐を束ねてあるメタルビーズは動くので、長さの調節ができます。
※紐の幅は約2mm、メタルビーズの穴が5mmでちょうどよかったです。

首に通すときに緩め、つけてから締め直します。



材料

パーツクラブで材料をそろえました。

合成ひもは2m入りのを購入し、140cm弱使用。

メタルビーズは穴大5mm、パイプは太さ4mm 長さ45mm。





作り方

①メタルパイプを紐に通す。





②2本まとめてメタルビーズ1粒に通す。





③紐の先に1粒ずつ同様のメタルビーズを通して先を結ぶ。



これで完成です!


紐は長めで作っておいて、後から長さを微調節すると失敗しないと思います!


ストリングチョーカーは作るのがとても簡単なので、手作りアクセサリーをはじめるにはぴったりですね!

しかも、合成のスウェード紐は安く売っているので、挑戦しやすいです。
スエード調紐(合皮)♪2m♪モノトーン系 価格 38円

なんならそのまま首に結ぶだけでも可愛いわけですが、

私には少しガーリー過ぎたりセクシー過ぎたりしちゃうので、平凡な感じに仕上げました!