2016/07/27

空き瓶に ワイヤーの付け方!おしゃれインテリア作り


ワイヤーの取っ手を付けるだけで空き瓶が立派なインテリアになります!



接続部分の輪っかの向きを工夫すると、取っ手を自由に動かせて便利です。

ぶら下げるだけなら気にしないで作ってしまってもいいとは思いますが、是非向きに気を付けながら作ってみてください!

取っ手に別のワイヤーや紐を巻き付けてアクセントにするのも可愛いです。


必要なもの

  • 柔らかめのワイヤー(太さ1.5mm)
  • ニッパー
  • 丸ヤットコ

※使用したワイヤーは園芸用のアルミ線ワイヤーです。適度に柔軟性がありますが、びんをぶら下げても変形しません。


作り方




①ワイヤーをビンの口よりも長めにカット。中心あたりを丸ヤットコで丸めたら、輪っかが垂直になるようにねじる。




②びんの口(ふたがかみ合うところよりも下のくぼみ)にきつめに巻き付けて、ワイヤーが交わるところを確認する。






③片方のワイヤーが交わるところを下に90度曲げて、丸ヤットコで輪っかを作る。
余ったワイヤーを一周巻き付けたら短くカットする。





④再びびんの口にきつめに巻き付けたら、輪っかを作っていないほうのワイヤーを先ほどの輪っかの根元に一回巻き付ける。余った分は短くカットして、出っ張っている部分をヤットコで抑えて整える。




⑤新たなワイヤーを使って、取っ手を作る。びんの胴体に沿わして、取っ手の丸みをつけたら、長さを決める。





⑥びんの口につける位置でワイヤーを縦に90度に曲げ、1cmちょっと残してカット。ヤットコで先を丸めたら、びんの口に繋げる。



これで完成です!

キャンドルを入れてランタンみたいにしても素敵!

ダイソーでテラリウム
もちろんふたを閉めることも出来ます。

ふたは黒板ペイントで塗っています。



取っ手にチェーンをつけて、高いところからぶら下げるインテリアにもできます。


他にもワイヤークラフトでアクセサリースタンドやランプシェードなんかも作ってみたいと思っています!

ワイヤーランプシェードはこんな感じ
HOUSE DOCTOR ハウスドクター ” ELECTRIC LIGHT THERAPY ” ワイヤーランプシェード Cb0303#
が気になります。

アクセサリー作り用の工具が活かせるので、挑戦しやすいワイヤークラフトにもはまってしまいそうです!