2016/07/25

ダイソーのエアープランツでテラリウム 空き瓶を活用!

ダイソーのエアープランツ
空き瓶をオシャレなインテリアに!エアープランツを入れてテラリウム風にしてみました。


前回、黒板ペイントをニベアの缶で試してみて大丈夫そうだったので、さっそくビンのふたに塗りました!


ビフォー↑


アフター↑


アヲハタのジャムのビンのように、ふたが凸凹しているものは少し塗りにくかったです。

へこんでいる部分に気泡が溜まってしまったり、厚さを均等に塗れないので乾いた後に薄いところが剥げてしまったりするのです。

なので、凸凹したふたは2度塗りが必要でした!



ビンがおしゃれになったら簡単なテラリウムを作ってみたくなったので、

またダイソーで材料をそろえてみました。


ハイドロカルチャー用の砂、カラーゼオライトは白の小粒タイプにしました。

やっぱり白の方が他のインテリアにも合って、エアープランツの緑も映えていいかなと思います。

エアープランツは


「イオナンタ」と、



「フクシー」を選んでみました。

どちらも小さくて可愛いです。小ぶりのビンにぴったりサイズ。



カラーゼオライトをザーっとビンの底に敷いて、



エアープランツを入れるだけで完成です!

すごくシンプルなのが気に入ったので、このまま何も足さないことにしました。

そして、「なめ茸のビン」がいい味を出しています!背が高くて平べったい形をしているので、中の物が映えます。


ちょっと気になったのがビンのふたを閉めていいのか悪いのか。

テラリウムといえば、密閉しておいても植物の光合成や水分の循環で育ってくれるとのことですが、
エアープランツにとっては風通しの良さが大切。密閉してしまうテラリウムには向いていないみたいです。

水分の管理をきちんとしないと枯れたり腐ったりしてしまうようなので、ふたは開けておくことにしました!
テーブルの飾りとして置くなど、倒れたらいやだなというところに置く場合一時的にふたを閉めようと思います!




他のビンにも余ったカラーゼオライトを敷いて、貝殻をアクセントに入れてみました。

あとはエアープランツなどを入れるだけ。



アヲハタのビンはワイヤーをつけるとランタンみたいで可愛いくなりました。

ワイヤーの付け方はこちらの記事です↓
空き瓶に ワイヤーの付け方!