2016/05/27

紫陽花とアクリルパーツスティックのイヤリング

紫陽花イヤリング・ピアス
大きめのイヤリング・ピアスは今年のトレンド!スティック型のアクリルパーツと合わせることで可愛くなりすぎないようにしました。


出来上がりの大きさは全長約5cmです。

フラワーアクセサリーというとフェミニンなイメージが強いですが、

もう少し大人っぽくつけられるものが欲しいと思い、今回のイヤリングを作りました!

色もブルー系で統一しています。


今回はブル―とホワイト両方の造花あじさいを使用。




材料

  • 造花
  • チェコビーズ(3mm)
  • Tピン(0.5×25mm)
  • Tピン(0.8×65mm)
  • 丸カン(0.8×5mm)
  • イヤリングフープ(カン付き)
  • ドイツ製アクリルパーツ(長さ約3cm)
※ドイツ製アクリルパーツは下記のレシピのパーツを再利用したものなので、すでにTピン(0.8×65mm)が通してある状態です。
ドイツ製アクリルパーツを使った大ぶりピアス【作り方】
※ピアス金具でしたら、U字フックやフレンチフックタイプがおすすめ。

2016/10/28 追記▼
上記のドイツ製アクリルパーツは販売終了のようです。


作り方(画像はクリックで拡大)

①造花の芯をカットして、花だけを抜き取る。



②花の中心にチェコビーズを通したTピン(0.5×25mm)を通す。




③Tピンの先を90度に曲げ、カットして丸める。6輪とも同じように作る。
Tピンの曲げ方





④アクリルパーツにもTピンを通して先を丸めたら、
丸カンにすべてのパーツをまとめる。
Tピンに通した花は丸カンでまとめるだけで自然に3方向に散ります。



これで完成です!

もっと小さいサイズの造花でしたら、お花の数を増やしてもいいと思います。

耳とお花が近すぎると揺れるたびにガサガサ音がうるさいので、今回のように耳から少しぶら下がる金具がおすすめです!


他の紫陽花アクセサリーも是非チェックしてみてください↓