2014/04/04

「Tピン・9ピン」どれを選べばいい?適切なサイズの選び方!

Tピン
10004333_612506225510641_405480654_n.jpg

9ピン
10005592_803484209679522_321237143_n.jpg

ご覧のとおり、様々な太さ・長さがあります!


Tピン・9ピンを選ぶときに気をつける点

➀通すビーズの穴に対して細すぎないか、太すぎないか。

→細すぎるTピンを使った場合、穴を通り抜けてしまいます。また、通したパールやビーズの穴が目立ってしまうこともあります。反対に穴にギリギリ通る太さだったとしても、ピンの太さが目立ってしまって不格好になることがあります。


➁ビーズを通したときに、長さが十分に足りるか。

→余ったピン先を丸めるために、1cm程度の余分な長さが必要です。



私がよく使うのは「太さ0.7mm」「長さ30mm」です。
パール類にTピンや9ピンを通すことが多いので、だいたいこの太さと長さで対応できます!

Tピンや9ピンはアクセサリーパーツ屋さんで5gパック100円前後ですが、いざ買いに行くと「どのTピン(または9ピン)が必要だったかなー…?」と結局また同じのを買ってしまうことが多いので、ここはしっかりチェックしておくことがおすすめです!


もしも「ピンが細すぎて穴を貫通してしまうけどこれしかない!」というときは・・・

10005209_377942585679602_2110545747_n.jpg

こんな風に「花座」というものを先に通せば解決することもあります!