2016/03/25

おむつケーキの作り方!飾りつけ&ラッピング

ボタニカルおむつケーキ
見た目も可愛くて実用的な出産祝いのおむつケーキ。大人っぽいボタニカルな感じになりました。


おむつケーキのラッピング

贈り主より、手作りのおむつポーチとおしりふきケース、おむつ、ラッピング用品を用意してもらってあったので、後はケーキの形にするだけという段階から。

なので、おいしいとこ取りして、作らせてもらったという感じです!

手作りのポーチ等は土台部分に隠してあります。せっかく素敵なポーチだったのに写真を撮り忘れてしまい残念!

ソックスやにぎにぎなどの小物類でしたら、ケーキの上に飾ると可愛いと思います。




まず一段目は、手作りのポーチを中心にして、周りにおむつを巻いていきます。

緩めに紐を巻いてから、外側の隙間を埋めるようにおむつを足していくとやりやすいですよ。

真ん丸になるように整えます。




形が整ったら、紐をぎゅっときつめに縛ります。





二段目はクルクル巻いたおむつにしました。

一段目よりひと回り小さくして、同じように紐できつく縛ります。




ダイソーのおしゃれな不織布ラッピングシートを巻いていきます。

高さは一段目のおむつの高さよりも少し大きめに取り、長さはケーキの周りをぐるっと巻ける分カット。

カットした不織布を巻き付けてセロテープなとで留めたら、上の余った部分を中に入れ込みます。(二段目を乗せたときに一段目のおむつが見えないように。)




二段目はおむつの高さ分でカットした不織布を巻き付け、

ピッタリサイズのレースドイリーを上にかぶせます。



後は、レースやお花で飾っていきます!

贈り主が素敵な造花を用意してくれていたので、春らしい優しい色合いに仕上がりました。

ワイヤーに葉っぱがたくさん巻きついている感じなので、形もキープできて飾りやすいです。
造花類はご存知のように茎もついて花束のように売っているのですが、花の部分だけ引っ張ると、がくからきれいに取れます。

なので、今回の造花はすべて花の部分のみを使用しています。




不織布を巻いた上に幅広のレースを巻きます。

写真のはストレッチレースを使っています。伸縮性があるのでピタッと巻けていい感じでした!

ちなみにこのストレッチレースは「手芸ナカムラ」というところで購入。




花のがく部分をドイリーレースペーパーの穴に刺して固定しています。

大きな花と花の間に空いた隙間には小さな花を飾って、中央の空間にはミモザの花を敷き詰めました。




一段目と二段目の境目は葉っぱのワイヤーを一周巻いて隠します。



これでおむつケーキの出来上がりです!

ちなみに下にはケーキの大きさに合わせた白い厚紙が敷いてあります。



おむつケーキを作る際、ラップの芯を中心にして作ると形が崩れなくて良いみたいですが、

袋に入れて持っていく分には、芯がなくても大丈夫そうでした!

心配な場合は二段のおむつケーキにリボンを十字にかけて、てっぺんで結べば安定して見た目も良いと思います!



そして、最後にラッピングです。


おむつケーキ自体が華やかなので、ラッピングは透明のビニール(細長いロール状になって販売されているもの)で包むだけです。

下から上に包装用の透明ビニールで覆い、上の2か所でリボンを結びます。

左右は適当に折りたたんで、綺麗に収まるようにテープで留めてあります。



初めてのおむつケーキ作りはこれで終了です!

今更ながら「おむつケーキ 作り方」で検索すると可愛いのが出てくる出てくる。

また作る機会があれば、いろいろなパターンを作ってみたいと思いました!!