2015/12/14

プラバン×パール 小さめイヤリング(ピアス)の作り方


プラバンで大人っぽいイヤリングを作ります。


プラバンアクセサリーというとファンシーさが出てしまうと思うのですが、プラバンを土台として活用すればまた違ったものが作れます!

上に好きなパーツをのせて、レジン液で固めれば、何でもありだと思います。

ミール皿では出せないような透明感が出せるし、形や大きさにとらわれないので、もっといろんなものを作ってみたいと考察中です。



材料


  • プラバン(薄さ0.2〜0.3mm)
  • 樹脂パール(2mm)
  • UVレジン液(ダイソー)
  • マニキュア(ラメとホワイト)
  • 丸皿付きイヤリング金具




作り方


➀プラバンを長方形にカットして、オーブントースターで熱して縮める。(だいたい半分ちょっと縮むだろうという予想で大きさを決めたら、縮んだ時にちょうど縦1cmになりました。)




➁片面にラメマニキュアを塗って、乾いたらその上にホワイトのマニキュアを塗って乾かす。




➂何も塗っていない面に、パールを6つ並べる。パールにボンドを極少量付けて貼っていく。



➃ボンドが透明になって乾いたら、上からレジンを垂らす。パールの間やプラバンの隅々までレジンを爪楊枝で行き渡らせたら、日光やUVライトに当てて硬化させる。



➄裏面に接着剤でイヤリング金具をつけたら完成!


上にのせたパールはレジンで完全には覆えませんが、程よい立体感に仕上がります。