2015/09/30

革でモチーフを作って ピアス・ネックレスの作り方

革ピアス
革ペンダントトップ
革を重ねて厚みを出し、形を作っていきます!


革は短いカバンの持ち手に使えるようなものです。

手芸屋さんでハギレのような感じで、半端ものとして安く売られていました!


まずはじめは、宝石モチーフのピアスです。

これを二枚重ねて厚みを出し、革包丁で形を作り、表面の模様を彫刻刀で描いて、仕上げにシルバーのアクリル絵の具を塗って光沢を出しています。

2色の革を重ねているので、断面の色合いが楽しめます。



材料

革はこんな厚みです↓


  • アクリル絵の具 (シルバー 100均)
  • 革持ち手ハギレ (幅2cm)
  • ピアス金具 (皿付き)

他に使った主な道具は・革包丁・彫刻刀・ボンド・筆です。



作り方



①2色の革を3cmくらいに革包丁でカットする。





②下にする方の革の表面に薄くボンドを塗り、ぴったりと重ね合わせて乾かす。




③乾いたら、2等分にカット。断面がきれいになるように上から真っすぐ革包丁を入れながら1cm四方の真四角にする。



④一か所角を落とし、ダイヤモンドの形にする。




⑤目打ちなどで下書きをした後、模様を彫刻刀で彫る。表面を少し削るような感じで。



⑥筆で薄くシルバーのアクリル絵の具を表面に塗って乾かす。




⑦裏面に接着剤でピアス金具をつける。

これで完成です!

彫刻刀で削った後が少し毛羽立ってしまった場合、ワセリンなどの油分をつけてならすといい感じです。



次にラインストーンで飾り付けしたペンダントトップです。


同じ色の革を二枚張り合わせています。裏面どうしをボンドで張り付けているので、ペンダントトップの裏側が見えても綺麗な仕上がりです!

ヒートンはネジタイプのものを使っているので、指でねじ込むだけで装着できますし、抜けにくいです。



材料

  • 革持ち手ハギレ (幅2cm)
  • アクリル連爪
  • ヒートン
  • バチカン

他に使った主な道具は・革包丁・ボンド・接着剤等です。



作り方

①革を1.5cmくらいに2枚カット。




②裏面どうしをボンドで張り合わせて乾かす。ボンドは薄くまんべんなく塗る。





③目打ちなどで下書きをした後、まずは直線に革包丁でカット。その後、少しずつ角を丸く整える。






④連爪を2コマずつにニッパーでカット。接着剤で革の表面に張る。




⑤ヒートンをトップにねじ込む。斜めにならないように気を付けて下さい。



⑥ヒートンにバチカンをつけたら、ペンダントトップの完成です!


刃物を使うことが多いので指のケガに気を付けてください!