2014/04/12

コットンパールのロングコードネックレス【作り方】


ロングパールネックレスでも肩が凝りません!シルクのコードとコットンパールで上品な印象。


出来上がりサイズは 約100cmです。




シルクコードは少し光沢があるので、野暮ったくなりません。でも、事前にしっかり巻き癖をとっておく必要があります。

コットンパール2連ロングコードネックレスも作ったので、こちらの作り方もどうぞ!
コットンパール2連ロングコードネックレスの作り方




材料(いっしょに作ったイヤリングの材料も写っています。)


・コットンパール 8mm      ・・・20個入りを3袋(写真では2袋しかなくてごめんなさい!)
・スワロフスキー 3mm      ・・・30粒入りを2袋
・シルクコード 0.6mm     ・・・1つ(2m巻き)
・つぶし玉 2mm
・Cカン
(あれば、ユー字金具)


※ユー字金具は無くても出来ます。



作り方


①シルクコードを蒸気にあて、クセを直す。




②(つぶし玉→U字金具→同じつぶし玉)の順にコードを通し、U字金具の根元でつぶし玉をつぶす。




③ひと結びしたら、スワロフスキービーズとコットンパールを通し、またひと結びする。(目打ちなど先の細いものを使うと際で結べます。)



④2cmくらい間を開け、また③を繰り返す。



⑤ひたすら繰り返す。(パールを等間隔にしたり、いろいろアレンジして下さい!)



⑥はじめと同じように端の処理をする。


余ったコードを短く切って、端はこんな感じになります。↓





⑦留め具をCカンでつないだら、完成です!


今回の他にも、紐の端を留める方法がありますので、下記も参考にどうぞ。
紐のアクセサリー作り、金具を使った留め方!4つの方法


余ったコットンパールでイヤリング作りました↓