2015/06/24

こだわって作る!メタルコードブレスレットの作り方

ロウ引き紐のブレスレット
つゆ結びを繰り返しているのでしっかりした作りになり、好きなところにメタルビーズやガラスビーズを入れられます!


こだわりのパーツやビーズを通して作ってみてください。

私はアンティークビーズ2個と、シルバービーズがお気に入りです。

淡いピンクと白で爽やかなコードブレスになりました!

結ぶことをひたすら繰り返すので少し時間はかかりますが、工程は簡単です。



材料

  • ロウ引き紐 約2m
  • メタルビーズ
  • 穴が大きめのパーツやビーズ


※留める部分には大きめのビーズか、メタルボタンなどを用意してください。



作り方
まず結び始めは留める部分の輪っかから作ります。

➀コルクなどにピンを刺して、ロウ引き紐を中心で折り曲げる。




➁右の紐を芯として、左の紐を結びつけていく。写真のように「上から巻きつけ→下から巻きつけ」で1目とする。



➂きゅっと結んで目を作っていく。始めの小さな輪は残しておく。




➃ある程度目を作ったら、始めの小さな輪に紐を通して出来た輪の大きさを確認する。
留め部分に使うビーズやボタンがギリギリ通る大きさにしてください!



➄つゆ結びをしていく。まず、右紐を左紐の上を通って下へ回し、

左の紐は右紐の下を通って上へ出したら、右紐で出来た輪に通す。

そして、引きしめる。これを繰り返すとウロコのように連なっていきます。




➅ビーズなどを入れるときは、どちらか1本に通したり、2本ともに通したりする。




➆ビーズを通した後も同様に結んでいく。




➇終わりは大きめのビーズを通してひと結び。カットした所を火で炙って溶かし固め、抜けないようにする。


これで完成です!全体にドライヤーなどの熱を当てると、紐のロウが溶けてより頑丈になりますよ!