2015/02/11

大きめシャワー金具イヤリング(ピアス)の作り方 失敗しない留め方!


大き目のシャワー台でも簡単きれいに立体感のある仕上がりにできます!


以前に小さめのシャワー台の留め方を紹介しましたので、

今回はもう少し大きめのシャワー台でビーズがたくさん留められるものを、上手くまとめる方法を紹介したいと思います。

コツは周りから埋めること一番簡単なのはパールで周りを囲うことです。

あとは、中心に向かって隙間無く埋めるか、今回のようにTピンを使って、ビーズをギッシリ留めます!

シャワー金具は立体感を出すことで素敵になります。



材料



・シャワーイヤリング金具 15mm
・チェコビーズ 3mm
・樹脂パール 4mm
・Tピン 0.6×20mm
・テグス 1号か2号

※ピアスの場合も貴和製作所で15mmなどいろんな大きさのものがありました。



作り方



①テグス50cmの中心にパール(10粒)を通し、輪にする。





②テグスをシャワーの穴に通し、裏で結ぶ。余ったテグスを使って、パールとパールの間をテグスでシャワー台にくくりつけて、固定する。



③Tピンにビーズを通す(16粒分)。
Tピンの曲げ方




④先ほどのまだ余っているテグスを2本、表に出し、ビーズを通したTピンを8粒ずつテグスに通す。また離れたところの穴にテグスを戻したら、キュッと引きつめる。



⑤形を整えながら、ビーズとビーズの間にテグスを何回かくぐらせ、固定し、裏で結ぶ。



⑥中心に隙間を少し開け、そこに連爪を一つにカットしたものをテグスでつける。
(余ったスワロ石を接着剤で付けてしまってもいいと思います。)



⑦シャワー金具の皿部分についている爪をニッパーで切り落とす。
(きれいに爪が入らないのでこうしたほうが仕上がりがきれいです!)




⑧接着剤で皿にシャワー台を固定したら完成です!