2015/02/04

100均 樹脂粘土を使ったアクセサリー作り【ポイント・コツ】


ダイソーで手軽に樹脂粘土が買えるようになりました。少量なので初めてでも挑戦しやすいですね!


ダイソー樹脂粘土への着色




ちょっと手は汚れますが、着色が簡単なので家に水彩絵の具さえあれば、白の樹脂粘土に着色するのがオススメです。

絵の具を混ぜると水分が多くなるからか、ものすごく指にくっついてベタベタします。

そんなときは、いったんこねるのをやめて、手のひらで丸め直してみてください。
指である程度までこねて、仕上げに手のひらで丸めながらこねれば、綺麗に色が混ざります。

手のひらの油分のおかげでしょうか?笑 指にくっついてバサバサになったものを丸めて、表面をならすと扱いやすくなります。



用意すると便利なもの



樹脂粘土に色づけするときは、ウェットティッシュをあらかじめ用意すると助かります。手についた絵の具やくっついてはがれない樹脂粘土をすぐに拭き取れるからです。



失敗しないために



樹脂粘土は乾燥すると少し縮みます。また、平らになっている面を下にして乾燥させると裏側の真ん中がへこんでしまうことがあります。このようなことに注意してみてください!



樹脂粘土にデコレーション



樹脂粘土を金属枠などに合わせて作るときは、乾燥させた後、金属と分離してしまう可能性が高いです。
乾いた後、再度接着剤で付けるようにしてください。

樹脂粘土には接着力はありませんが、小さなパーツはしっかり埋め込めば、簡単に取れてしまうことはありませんので大丈夫です。



樹脂粘土をパールっぽくする



樹脂粘土にダイソーで売っている化粧品の鼻高パウダーを混ぜたり、仕上げに表面にかけたりすると、自然なパール感が出ておすすめです!パウダーの色はパールホワイトの方がいいと思います。




ダイソーの樹脂粘土を使ったレシピ


樹脂粘土を使ったレシピをすべて見る


樹脂粘土プレッツェルの作り方


樹脂粘土でボタン風イヤリングの作り方


ダイソー樹脂粘土でチロル風ピアスの作り方


樹脂粘土で大ぶりパールキャッチの作り方


樹脂粘土でトルコ石(ターコイズ)の作り方