2015/01/16

樹脂粘土で大ぶりパールキャッチの作り方

樹脂粘土ピアスキャッチ
横から見ても可愛いピアスキャッチが樹脂粘土で作れます!


ダイソーの樹脂粘土でカラフルな球体を作って、バックキャッチを埋めるだけです。

前方はコットンパールですが、両サイド樹脂粘土で作って、好きな色を組み合わせてみても可愛いと思います。

白の樹脂粘土への色づけには水彩絵の具を使用。混ぜ具合でいろんな色が作れて楽しいです。

色付けが面倒な場合は、もともと色の付いた樹脂粘土も売ってます!

また、樹脂粘土が乾いてから、アクリル絵の具で色づけをしても良いと思います。





材料


・樹脂粘土 ダイソー ホワイト
・キャッチ式ピアス金具 芯立 5mm(お椀に芯が付いているもの)
・水彩絵の具
・トップコートマニキュア



作り方


①丸めたら直径2cmほどの量を使います。




②絵の具をつけて、包むようにして、こねる。
※ベタベタしてきて指にくっつきやすくなります。



③色を混ぜる場合は同じようにします。



藤色になりました!



④2等分する。




⑤キャッチをピアスに装着した状態で、作った玉をグニュっとつける。




⑥少し形を整えて、キャッチからピアスだけを注意してはずす。



⑦キャッチ部分を下にして、2、3日乾燥させる。



⑧乾燥したら、キャッチに爪楊枝などを刺し込み、トップコートを塗りやすくする。



⑨楊枝をくるくると回しながら、キャッチの際からトップコートを塗っていく。


乾いたら完成です!

※乾いた後マニキュアのにおいが気になりますが、一日経つとほとんど臭わなくなります!

※ピアスを抜き差ししたとき、埋めたキャッチが万が一取れてしまうようであれば、接着剤を少量つけて元に戻せば大丈夫です。


100均樹脂粘土を使ったアクセサリー作りのポイント・コツの記事も参考にしてみてください!