2014/12/19

樹脂粘土でボタン風イヤリング(ピアス)の作り方

樹脂粘土のイヤリング・ピアス
樹脂粘土でクラシックボタン風イヤリングを作りました!


樹脂粘土は前回と同じダイソーのものです!

今回は仕上げにホワイトパールのアクリル絵の具を塗ってボタンっぽさを出しています。

樹脂粘土を細長く伸ばしたものを、2本ねじって飾りを作りました!



材料



・樹脂粘土ホワイト (ダイソー)
・アクリル絵の具 パールホワイト (ダイソー)
・イヤリング金具(丸皿) 4mm
・筆




作り方


①まず直径1cmくらいの玉を作る。





②別の樹脂粘土を長細く伸ばし、2本を合体させる。



③それを適度にねじる。



④最初に作った玉に合う大きさの輪にして繋げる。
(ちぎって繋げた部分に、目打ちでねじれ模様をつけると綺麗に仕上がります。)



⑤ねじった輪を写真のように玉に2重につける。
(上の輪の方は少し細めに作りました。)




⑥一日置いて乾かしたら、アクリル絵の具をまんべんなく塗る。



⑦絵の具が乾いたら、裏に接着剤でイヤリング金具をつけて完成!
ピアスの場合は丸皿付きのキャッチ式ピアス金具を同じように接着剤でつけてください。


100均樹脂粘土を使ったアクセサリー作りのポイント・コツの記事も参考にしてみてください!